FC2ブログ


てらりんぶろぐ



 超不定期でごめんなさい><><><><>   昔のテンプレに戻してみた^^^^^^^^^



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白夜行」(東野圭吾)

 また東野。
 っていうか今更白夜行
 まぁこれには深い訳があるんですよ。
作品名-『白夜行』
作者-東野圭吾
ストーリー-A文章-A登場人物-A
心理描写-A情景描写-Bオチ-B
紹介
1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂―暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年…。息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇。
     A-超スゴイ B-スゴイ C-普通 D-ニガテ E-超ニガテ

 白夜行です。
 ドラマ化されたそうですね。
 出来はどうだか知りませんが。

 さて、元々はドラマ化前からチェックしていた白夜行。
 しかし、どこへ行っても売っていない。
 すごい人気らしい。
 と思ったら突然のドラマ化。
 もうビックリ。
 書店を覗くと入荷の文字。
 wktkして探してみる。
 表紙を見て唖然。
 お前ら誰だ!?
 っていう。

 そんなわけで、あんな恥も外聞もないようなダサイ表紙の小説を買うわけにもいかず、今までずっと静観していたのです。(あまりにもダサいので写真に撮ったのですが、携帯から移すのも面倒なので載せません)
 で、先日書店を覗いたところ元のCOOOOOOOLな表紙のものが並んでいたので手にとったわけです。
 っていうか上下巻に分けてください、重いです。

 なんていうか真っ暗。
 こういうの大好き。
 東野圭吾の血と汗と汁が滲み出てる感じがします。
 これはほぼ完璧と言っていいほど正解に近いですね。
 間違いありません。
 でも、ドラマ向けの煽り「愛することが、罪だった。会えないことが、罰だった。」ってのはどうかと。
 やっぱりストーリー変わってるのか。

 ってなわけで、もう書くことないや。
 まぁこんなしょうもない文章読んでないで、ひとまず読めばいいんじゃないかな。
 素晴らしい作品ですよ。

 あと、タバコは胃酸の分泌を活発にするらしいです。
 食後にタバコが欲しくなるのはそのせいらしいです。
 こういう豆知識が手に入るのが小説の醍醐味ですよね。

 以上。

 今は桐野のDARKを読んでます。
 ミロ最終回みたいな。
 ミロ二編と村善一編書いてだいぶキャラが固まったってことでしょうかね。
 割と面白いです。
 東野の簡素な文体とは対照に、こっちは割と回りくどい。
 私はどちらも好きですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://westside.blog21.fc2.com/tb.php/176-dc9b4162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

おなまえ:てらりん
うまれたひ:秘密
せいべつ:攻め
しょくぎょう:ぐらひっか

人間ってのは気を抜くと漫然と生きてしまう、ということをブログで痛感。
気付くと放置してるもんなー。
あれやるこれやると言っておきながら、何もやってないね。

リンク

このブログをリンクに追加する

うさちゅん

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ぶろぐないけんさく

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

イロイロ☆


人気blogランキングへ



・BLOOG-RANKING【投票】

 

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。