FC2ブログ


てらりんぶろぐ



 超不定期でごめんなさい><><><><>   昔のテンプレに戻してみた^^^^^^^^^



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「顔に降りかかる雨」(桐野夏生)

 さて、電車にあまり乗らなかったせいで時間が取れなかったのですが、桐野タソの「顔に降りかかる雨」読みましたよ。
 しかし、えらいクサいタイトルですね。
 桐野作品じゃなかったら手にとりませんよ、こんなの。

 えー、そこそこ面白かったです。
 そこそこです、そこそこ。
 純粋な推理モノ・・・といえばそうなのかもしれませんが、読者が最後までに謎を解けるのかというとちょっと怪しいかもと思ったり。

☆まずはネタバレしない程度に簡単な解説☆
 村野ミロさんが友人の一億円横領の共犯の疑いをかけられて、その疑いを晴らすためにがんばるお話です。
 ちなみに、一億円横領した友人は行方不明です。


 というわけで、一億円と友人を探す話なのですが、暴力団はともかくとして、なんかオナチネ(←なぜか)やらの組織っぽいのが出てきてびっくりです。
 無闇にスケールがでかいですね。
 しかもヲチのスケールは(ry)だし。

 ただ、半ばの展開はそんなに嫌いなものじゃありませんでしたよ。
 ミロさんの過去の話とかはかなり蛇足な印象がありましたが(というか、登場人物に少々の深みを出すための後付け的なものにしか見えない)、まぁそこそこキャラクターも立っていましたし、ステレオタイプな探偵というわけでもなかったので良かったです。(推理しろ~推理しろ~と迫ってくるようなタイプは苦手なので)

 一応はハードボイルドに分類されるそうですが、ぶっちゃけ親父さんの力がかなり強いっぽいので、あまり緊張感とか感じませんでしたね。(別に親父さんが解決したとかじゃないけど)
 全体的にぬるい印象はあったかもしれない。
 読了感は普通・・・というかあまり印象はないです。
 良くもなく、悪くもなく。

 文体はというと、女性作家の女性主人公なので(解説にあった三つのFのうちの二つですね)そういう観点から見ると私は好みでした。(私は女性作家を好みます。小説も漫画も)
 ただ、シーン(大段落?)の結び方が独特で、それが鼻についた印象も。
 一種の文章のクセでしょうか、時々気になる部分がありました。
 まぁ、些細なことですけど。

 そういうわけで、良くもなく悪くもなく。
 まぁ、時間潰しのためと割り切れば、そこそこ楽しめましたし良かったです。
 ちなみに、次に読んでいるのは同作者の「天使に見捨てられた夜」です。
 村野ミロシリーズ(?)の第二段で、相変わらずクサいタイトルですが、どうも狙ってるようですね。
 ミロちゃんはいつのまにか正式に探偵業を始めたようです。
 タイトルは何か綺麗系っぽいのに、内容はAVです。
 まぁ、今回はもうちょっと楽しめるんじゃないでしょうかね。


 んじゃあ、次回に期待。
 あと応援よろしく。
 ノシ
スポンサーサイト

テーマ:感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://westside.blog21.fc2.com/tb.php/86-edbab162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

おなまえ:てらりん
うまれたひ:秘密
せいべつ:攻め
しょくぎょう:ぐらひっか

人間ってのは気を抜くと漫然と生きてしまう、ということをブログで痛感。
気付くと放置してるもんなー。
あれやるこれやると言っておきながら、何もやってないね。

リンク

このブログをリンクに追加する

うさちゅん

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ぶろぐないけんさく

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

イロイロ☆


人気blogランキングへ



・BLOOG-RANKING【投票】

 

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。